健康&サプリメントひろば/健康で快適な毎日をサポートする健康生活情報サイト
サプリメントひろば-健康&サプリメントひろば
「サプリメントひろば」では、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブなどの詳しい成分の解説をはじめ、
サプリメントに関するコラム、各アイテム別の成分表、おすすめ書籍、おすすめサプリメント情報などを紹介しています。

サプリメントひろば

アルギニン
Arginine

◆脂肪代謝の抑制
◆筋肉組織の強化

 
アミノ酸には、必須アミノ酸とそうでないものがあります。
必須アミノ酸は、体内でつくれないので、食事などから摂らなければならない一方、その他のアミノ酸は、"とりあえず"体内でつくることができます。
というのも、それらの中には、ある年齢に達すると、体内でつくれなくなってしまうものもあるからで、その代表格が、実は「アルギニン」なのです。

アルギニンは下垂体が正常に機能するために不可欠なアミノ酸で、オルニチン、フェニルアラニン、その他の神経化学物質とともに、下垂体の成長ホルモンの合成などに関与しています。
主に、免疫反応をサポートして傷の治りを早くしたり、脂肪の代謝を助け、筋肉組織を強くする働きがあるため、最近は、ダイエット・サプリメントとして、(単に減量するだけでなく、+αスタイルの改善にもつながるため)非常に人気があります。
また、男性に限って言えば、精液の80%はこのたんぱく質の建築ブロックが占めているので、アルギニンの必要量は非常に多く、
欠乏すると不妊につながると言われています。

こうして、アルギニンの働きを挙げると、それらすべてが、30代、40代の人の悩みに合致することがわかりますが、しかし、このアルギニンは、成人、特に30歳を過ぎると、ほぼ完全に下垂体からの分泌が停止してしまうのです。
ですので、30代以上の人で上記のような悩みを持っている人は、かなり意識をして、食事などから摂取したほうがいいでしょう。
ただし、ダイエットや筋肉の増強などの目的がある場合は、サプリメントで摂らないと、効果は期待できないようです。
※このとき、オルニチンと一緒に摂ると、より効果的です。

過剰摂取による副作用としては、「肌荒れ」がありますが、
摂取量を減らせば元に戻る「可逆的副作用」なので、
必要以上に心配することはないと思います。
ただし、統合失調症、疱疹の人も、摂取方法に関係なく、アルギニンを摂るべきではありません。

L-アルギニン500mg
NOW社

100カプセル
アミノデイ
Source Natural社

60錠
L-オルニチン500mg
NOW社

60カプセル
 
玄米、ごま、ナッツ類、チョコレート、ポップコーン、高たんぱく食品
| HOME | 健康バイブル | サプリメントひろば | サプリ商品ガイド | 健康いちば | 健康リンク集 | おすすめリンク |
©2001-2004 健康&サプリメントひろば All rights reserved.